香港島と九龍半島が一度に眺める絶景スポット

建築界のスーパースター、ノーマン・フォスター卿率いるFoster + Partners が香港でまたやってくれました。香港の新たなランドマークになりうる、素晴らし建物をチムサーチョイにあるオーシャン・ターミナルの端に建ててくれました〜。

その名も、Ocean Terminal Deck

DSC07812

皆さんもご存知のように、オーシャン・ターミナルは香港で一番大きなショッピングモール、ハーバー・シティーに連絡している建物で、国際客船ターミナルの機能を持ちつつ、ショッピングやグルメが楽しめる総合商業施設。このオーシャン・ターミナルの西端にあった貨物船用の埠頭跡地を利用して建てられたのがOcean Terminal Deckです。

DSC07806

建物の機能としては、ショップやレストラン/バーがメインのよくあるショッピングモール。
しかし、この建物の特筆すべきポイントは、外部のパブリックエリア。
「Deck」という名からもわかるように、各階と屋上に大きなデッキスペースがあり、そこからビクトリア・ハーバーに向けて270度のパノラマが楽しめちゃうのです。

DSC07835

しかも、建物がちょうどビクトリア・ハーバーに突き出るような位置にあるため、左手には香港島、右手には九龍半島と、一度に両岸を眺められる、とても珍しい絶景ポイント。

DSC07801

香港島側。

DSC07804

九龍側。
IFCもICCも、両方一度に拝められる〜。西九龍文化エリアも着々と工事が進んでますね。
この建物を担当したデザインチームによると、この屋外スペースをみんなの「リビングルーム」のような空間になるように意識して設計したそうです。香港のパブリックスペースには珍しく、ゆったりとしたシーティングエリアや芝で覆われたデッキなど、それぞれが思い思いに楽しめる空間作りとなっています。

DSC07820

屋上にある階段がシーティングエリアになっています。日曜の午後に行っても、この程度の人の数。人が少ないって、なんて気持ちいいんだ〜。

DSC07826

芝生の広場からは、停泊している豪華客船も眺められます。こんな至近距離で見られるのも珍しい〜。

DSC07830

屋上スペースは200人も収容可能で、将来的にはライブパフォーマンスなどのイベントを開催する予定だそうです。

DSC07816

嬉しいことに、このデッキは朝の7時から夜の12時までオープン。西側を向いているのでサンセットはもちろんの事、夜景を楽しむのにも最高のロケーション。観光だけでなく、ロマンチックなデートにも最適〜。

ショッピングセンターという商業目的を前面に出した建物に、このような質のいいパブリックスペースがあるのは、香港では希少。皆さんも、ぜひ足を運んでみては〜。

DSC07837

ちなみに、オーシャン・ターミナルの屋上は駐車場になっていたのですね〜。こんなに眺めのいい駐車場なくない?!