香港でインディペンデント系シネマといえば 〜油麻地を散策〜

前回の投稿の続きです。

油麻地のブロードウェイ・シネマテークでインディペンデント映画を楽しんだ後、地下鉄の駅に向かいつつ、周辺を散策してみましょう〜。

IMG_0639

前回の投稿でも書いたように、この映画館は公共団地の一画にあります。

ちょっと調べてみると、奥に見える団地のある場所は、かつてフェリー・ターミナルだったそう〜!!ここから香港島へのフェリーが出ていたなんて、信じられません。埋め立てを繰り返し海岸線が大きく移動したせいか、今では海の気配が全くしません〜。

この団地を南側に抜けて、Nathan Road方面に歩いて行くと、このあたりに海があった証、天后廟(Tin Hau Temple)があります。ここは航海や漁業の守護神を祀ったお寺で、かつてこの辺りに住んでいた漁師や水上生活者により建てられたとのこと。

IMG_0648

お寺の前には立派なバンヤンツリーが生い茂った、広場になっています。
この広場でくつろいでいる人が実に多種多用なこと〜。Board Gameを楽しんでいる老人もいれば、刺青いっぱいのいかつい目つきの人まで、、、油麻地にはいつも怪しい雰囲気が漂っています。。。

IMG_0699

この公園から北上すると、お寺(テンプル)にちなんで栄えたテンプルストリートがあります。ナイトマーケットで有名な道です。観光客にも定番の場所ですね。午後の明るい時間、露店はまだ準備中〜。

IMG_0697

そして、テンプルストリートの端にあり、天后廟を2階の位置から眺められるのが、これまた観光客に人気の美都餐室 (Mido Cafe)。昔ながらの香港スタイルの茶餐廳です。

IMG_0647

このカフェの入っている建物は、戦後に建てられた唐樓と呼ばれる建築様式の典型的なスタイル。

かつてバルコニーであった2階部分には窓が一面貼られ、装飾類も一切ないシンプルな外観の建物です。敷地いっぱいまで建物を建てるためにコーナー部分は丸くなっています。そこがこの建物に愛嬌のようなものを与えていますね〜。そんな唐楼スタイルの建物の内部を体験できるのもこのカフェのいいところ。

IMG_0695

内部はカラフルなタイルが使われていて、レトロ感満載。

IMG_0693

2階のイートインスペースは壁一面が長〜い窓になっています。
コルビュジェの提唱した自由な立面を実践してるかのよう。

IMG_0689

窓枠のサッシやテーブル類もいい味出してます。

IMG_0691

お寺を眺める窓際の席で、名物のフレンチトーストとミルクティーで一服しましょう〜。

カフェを後にし、油麻地MTR駅を目指し、上海通りを北に向かって歩いていきます。この上海通りは、料理関係のグッズの問屋街として有名です。

IMG_0679

飲茶でもお馴染みの蒸篭や特注キッチン製品を取り扱うお店が、道沿いにずらっと並んでいます。

IMG_0684

多くの店がレストランなどの業務用の商品を扱っているように見えます。

IMG_0683

なかなか中に入りずらい雰囲気ですが、中にはお菓子作り専用のグッズを扱うお店もあったり、一般の人でも気軽に入れそうなお店もありました。
さらに駅に向い北上すると、突然、崩れかかったトタン屋根の小屋が集まっている一画があります。

IMG_0669

一見、近ずきがたい雰囲気を醸し出していますが、ここは、由緒あるフルーツを扱う卸市場。
建物自体は歴史的建造物に指定されています。もちろん今でもしっかり機能していて、朝の4時から6時にかけて、市場が一番活発になるとのこと。僕が立ち寄ったのは午後3時ぐらいでしたが、一般客用にまだ多くのお店が営業をしていました。

IMG_0675

市場の中は中に入ると、色とりどりのフルーツを売っています。

IMG_0690

日本産の果物も多く取り扱っており、値段もシティスーパーなどに比べると、超格安〜。
この美しそうな熊本産のイチゴは2パックで100ドルでした〜。
この青果市場の向かい側には、もう1つの歴史的建築があります。

IMG_0668

戦前の1920年代にたてられたこの建物は油麻地劇場。かつて九龍で一番大きな映画館だったそう〜。
創設当初は、労働階級の人々の娯楽施設として、大変賑わってたとのこと。しかし、1980年代に近づき、市内の新しい映画館などにお客を失い、ついにはR指定の官能映画を上映する、怪しい映画館に落ちぶれてしまいました。しかし、1990年の終わり、建物自体が歴史的建造物に指定されたのを機会に、主に広東オペラなどを公演する劇場へと生まれ変わったのでした〜。この建物が九龍エリアで唯一残る、戦前の建造物だそうです。。。一つだけしか残ってないって、どれだけ香港って再開発に容赦ない場所なんだ〜。

IMG_0665

劇場の中にはこの辺りの昔の写真がありました〜。海がしっかり写っていますね(1947年撮影)。
そして海岸沿いには、海上生活者の住む多くのボートが見えます。
劇場を見学した後、Nathan Roadに向かって歩くと、油麻地の地下鉄の駅(出口B)に到着です。
油麻地は歴史的に見ても、映画館に縁の深い土地だったのですね〜。この街に香港の映画ファンの聖地、ブロードウェイ・シネマテークがあるのにも納得がいきました。注意深く歩いてみると、面白い発見があるものです。

今日歩いたルートを下の地図にまとめました〜。参考にでも!

001