【Aman】「アマノイ」の客室

前回に続き、ベトナムにある、香港に一番近いアマンリゾート「アマノイ」の紹介です。

リゾートのメインの建物であるセントラルパビリオンを見学した後、客室に案内していただきます。
なんせ、40ヘクタールもの敷地を有するリゾートですので、移動は基本的にバギー。

DSC03383

こんなに広大な敷地を有するリゾートですが、客室はヴィラ31棟とレジデンスの5軒のみ。スタッフが言うには、僕が到着した日は、アマンには珍しくほぼ満室だったとのこと。にもかかわらず、他のゲストとすれ違うこともありませんでした。

DSC03817

↑今回泊まった部屋は、ヴィラ番号22番。「オーシャンプールヴィラ」というカテゴリーの部屋です。

DSC03387

バギーから降り、専用の小径を100mぐらい歩いた先にヴィラがあります。プライベート感がさらに強ま
る〜。

DSC03344

↑ヴィラの入り口。

DSC03347 (1)

↑大きなスライディングドアを開けると、中央にリビングエリアがあります。

DSC03316

↑リビングを挟んで、左手の奥にベッド。

DSC03315

↑反対側の奥にバスルームがあります。

バスルームとリビングエリアは一応、襖で区切れるようになっていますが、基本的にヴィラ内はひと続きの大きな空間。単純明快な平面となっています。

DSC03790

お部屋のインテリアはアマンのお得意な、ローカルの建築スタイルをモダンに昇華させたデザイン。木の天井や格子のスライディングドアなどがとてもアジア的。

DSC03874

灰色の石が組み込まれたフロアリングや、グレーのトーンでまとめられたソフトファニチャーが現代的な印象を与えます。

DSC03380

派手さはないですが、上質な小物が空間を豊かにしています。

DSC03736

↑天井のファン。木材と黒(濃い灰色)の相性が最高。

DSC04300

↑ヴィラの中で一番のお気に入りは、このスタディエリア。朝日がすだれから差し込み、はっとするほど美しい〜。

DSC04205

↑逆に夕暮れ時は、外の風景が映画のワンシーンのように映る。うっとりしてしまう〜。

DSC03274

↑バススームは打って変わって、黒が基調のインテリア。大変ゆったりとした空間のつくりとなっています。

DSC03276

バスルームからは、後ほど紹介する、屋外のプールデッキへ直接出入りできるようになっています。

DSC03277

2つある洗面台の前にそれぞれクロゼットがあります。

DSC03791

クロゼットには、リゾートで使用するための麦わら帽子、杖、トートバッグが入っていました。トートバッグはお土産として持ち帰り可能〜。

DSC03800

アマンでは毎晩、ちょっとしたお土産がベッドサイドに置かれているのですが、上のブルーのソープディッシュもその一つ。

DSC04824

その他に、お茶やナチュラル石鹸、そしておなじみのバゲージタグをいただきました。

DSC03307

その他の嬉しいサービスとして、お部屋のフルーツは毎日補充。写真にはありませんが、近辺で採れたグレープが美味しかった〜。この地域はグレープの栽培が盛んで、ワインやグレープハニーなども生産しているのだとか。

DSC03294

冷蔵庫の飲み物もコンプリメントリー。私はジュースやビール類は飲まないので、すべてスパークリングワォーターに入れ替えてもらいました。飲まない飲み物をもらっても、意味ないでしょ〜。アマンでは、こういうリクエストにも気軽に受け付けてくれます。

DSC03296

そして、何も言わずしも、スパークリングワォーター用に生のライムが置かれていました。さすがです。

さらに、ルームサービスも1日に何度も行われているようでした。1-2時間ぐらい部屋を留守にして戻ってきても、しっかり綺麗に整頓されていました。

最後に、この「オーシャンプールヴィラ」の特徴である、屋外のテラスを紹介します。

DSC03803

基本的にリゾート内のどのカテゴリーのヴィラも同じデザインとなっていますが、各カテゴリーの違いは、部屋からの眺望(海/山/湖)とプールがあるかないか。

DSC04305

「オーシャンプールヴィラ」には名前の通り、プライベートプールと海への眺望があります。

DSC04303

部屋からは美しいビンヘイ湾(Vĩnh Hy Bay)が一望することができます。

他の客室から覗き込まれる心配がないので、このプールを裸で泳ごうが、何をしようが、完全なプライベートな時間を過ごすことができます。

DSC04856

東を向いているので、朝日を拝むこともできます。

DSC04469

この風景を見ながら食べる朝ごはんは格別〜。

DSC03731

早朝には、こんな珍しい鳥も遊びに来ます。

DSC04127

そして、ラッキーなら虹も見ることができるかも!

DSC04798

時間の経過とともに変化する自然の姿を、ゆっくり楽しむことができる部屋となっています。

以上が、アマノイの「オーシャンプールヴィラ」の紹介でした。

次回は、アマノイのアクティビティを紹介したいと思います。